カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今までのお客様

名様です。

社員名簿

瀞:下絵,文字担当
鮪:着色,背景担当

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作業場

事務連絡とかはしばらくまた特に無いので
そうだ 何か書こう的に書きます(グダグダ

というわけで現在下書き作業中の瀞部分でございます
描く魚が決まればあとは手持ちの資料やネットから写真を探ります
写真の資料は
日本産魚類大図鑑 東海大学出版会
→元々は父親の。解説と併せてジュンク堂4万くらいで売ってた;
必ず左向きの正位置の写真なんで基本形体抑えるのに重宝してます

山渓カラー名鑑 日本の海水魚 山と渓谷社
→自然科学系図鑑といえばヤマケイ。知る人ぞ知る日本の~シリーズの海水魚です。
実家にはあと植物ときのこ、野鳥、淡水魚がありました。海水魚は無かったので自腹購入。
5400円は・・・・・・・・・・・・・・・・安くはねぇよorz何でこう図鑑て高いんだろう。仕方ないけど

魚の目利き食通事典<カラー完全版> 講談社+α文庫
→某空港の書店で衝動買い。食にポイントを置いてるので読み易いw
上記2冊と違い甲殻類から軟体動物方面の写真があるのでありがたい。
因みにバイト先の親会社では新入社員に必ず配布されているとのことでした;キグー(ぉ

とまあこんな感じ。
あとパソの画面に映ってるのはWEB魚図鑑
ネットではもっぱらここを参照してます
鮪氏に着色を頼む際に「コレ見てね」って指定したりするw


なんていうか興味ない人にはめっさどうでもいい内容になってしまった……
まあ 共感できる分野に所属してる人だけ「ですよねーw」とか思ってくれれば幸い

下書き担当としてはあとは構図考えて書くだけなんでこれ以上語ることナシ!
着色に関してのアレコレは鮪氏におまかせしよう。(逃
スポンサーサイト

<< 開催場所 | ホーム | 決定事項 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。